ねりわさび(改)

そう駄文、それ以上でもそれ以下でもない
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
愛は地球を救っていたのか?
毎年恒例の日テレの24時間テレビ。
今回もやってましたね。

私は小さい頃からこの番組が好きではなかったんですね。(好きな人、こういう意見もあるという事でご容赦をば…)

昔は黒柳徹子が出て、アフリカ難民を救う! みたいな企画と、日曜の朝10時くらいから手塚治虫のアニメをやっている! というくらいしか認識がないんですが。
考えてみると、当時24時間ぶっ通しってスゴイ事だったんですよ。
午前2時、3時にはTV放送終わる時代だったから。

普段の朝10時はキン肉マンを見ている私だったので、おのずとその時間手塚アニメを見るという流れだったんですな。
これが。

で…昔は、単純にアフリカ難民の子がむごくて見てられないのと、キン肉マンが見れない理由で好きではなかったんですが、最近はどうも方向性がずれているんじゃないのか?って事で、好きではないですね。

フジテレビの27時間テレビの方が「ずっとバカやります!」っていうのが伝わっている分だけ、全然一貫していていいですよ。
実際、フジテレビのはガッツリ見ますし…。

話がそれましたが、夜中に嫁に起こされ、昨日というか今日の夜中に何故か一時間近く話し合い。


「あの手の番組が常に流れていて、総決算としての24時間テレビならOK!」
という感じならいいのでは?
って感じの結論になりまして。


誤解を恐れずに言えば、障害者とかって、放送コードギリギリだと思っているので。
毎回、比較的テレビ映え(というのも変だけど)する方をピックアップして、放送しているので、どうなんかなぁ?って思うですよ。

そういう意味では白血病はキレイですよね。
ある意味。
奇形ではないですし、だいたい写真でカバーするから、動きも見えないですし。
自分の父が同じ病気で亡くなっているので、映像で見るとどうもね…。

あの部分だけはノンフィクションなわけだから、もっと色々な問題とかを提示していかないと! と思っちゃうんですよね。
障害者だけど頑張れば出来る!ってのは、別の番組ですればいいわけで、「愛は地球を救う!」と大上段に構えて「そのために募金せいや!」と、非常にわかりやすい図式を作っているんだから、「この募金で●●をしました」があり、「今回はもっと具体的にこういう所に募金します」と言わんとね。

今生きている人に対して、何が出来るか?
を問いかけなきゃ駄目でしょ?
「バリアフリーにするために金がいるから募金して!」
でもいいですし。
「ワクチン作るから金頂戴!」
でもいいですし。

いや言っているかも知れないけど、私が見た部分においてはまったく触れてなかったので、伝わってないです。

よっぽど「ナチュラルハイ」(アダルト注意)裸の大陸チャリティープロジェクトの方がわかりやすいですよ。


私には24時間テレビは障害者や、不治の病を患っている患者を見世物にしているようにしか見えないのですよ。
いや、見世物として商売が成り立ち、出演者(障害者とか患者ね)にギャラが入るなら、まぁそれはそれでありだと思いますけどね。

普段はその存在を「区別」という名の「差別」として接しているのに、こういう時だけボランティア精神で関わられるのが一番、汚らわしい行為に見えてしまってね…。

同じ人間ですから、普段同年代の方や年配の方と接しているように対応すれば、また別なんですが…
どうもね。
特別じゃないですよ。
みんな。
人種の違いや性別の違いとなんら変わりはないです。

アメリカ人と話す時、言葉が通じないから、英語を学んでみたり、ボディーパフォーマンスでなんとかコミュニケーションをとろうとするのと同じです。

共通の言語とか、アクションが通じればわかりあえますからね。

こういう部分が普段触れる機会がないせいで、わからんので、腫れ物に触るような対応をしてしまうわけですな。
その年のパーソナリティの方々は。

ついでにいうと、エコキャップとか、空き缶回収とかもすればいいのに…

これ自体もお金になるし、今流行のエコにもなるだろうしね。

なんかね。
金くれ!って言っている割に、色々オブラートに包んでいる感もイヤだし、年に一回だけ(という風に見える)のもイヤなんですな。

短い間とはいえ福祉の現場にいて、白血病の進行を見てきた、一市民の意見ですが、とりあえず全体的にヌルイ!

やるなら徹底してもらった方がいいですよ。
多分、引っかかっているのは募金部分。

芸能人が100キロ走って感動するのと募金が結びつかない。
武道館で歌うのもわからない。

ようは…芸能人100キロ走るから、その沿道の人武道館にこれない人は、募金を渡す!
とか、歌うならどこか別会場借りて入場料取って、それが募金とかの方がわかりやすいかと…。

わかった!
感動と募金が一緒になっているのに、違和感を感じていたんだ!


やろうとしている事はきっといい事なんだと思うんだけど、どうも偽善的な部分が多すぎてね、なんだかねぇ…。

助け合いの精神は素晴らしいモノだと思うし、出来うる限り協力したいとは思うんだけどね。


そうそう思い出した。
もうひとつの違和感。

「かわいそう」

これね。
いや不慮の事故とかあるでしょうけど、その先どうするか? を言わんとね。
過去にこういう事がありました。
だもんで、以後そうならないようにこうしましょう!
もしくは、こうなったから、こうしたいんだけど、どう思う?

ってのが感じられない。


思いっきり他人事。
まぁそんなんでしょうけど、結果「頑張って!」で終わりすぎだと思うわ。
別に同情されるために生きているわけじゃないだろうしさ。

さらし者にされてるんだから、もう少し違う切り口が欲しいわ。
自分が出来るかといわれるとどうかな? とは思いますが…。


で…ちゃんと番組見てないのに、ブースカいうのも何なんで、ちょっとHPを除いてみた。
すげぇ、お金の流れが不明瞭なんですけど…

災害とかの義援金はわかったんだけど、他の部分へ払ったであろうお金がわからん。


ちゃんと探せてないのかな?

まぁわかり辛い時点でアウトなんですけど…。


勢いで書くと駄目ね。

オチが見つからないわ。


気が向いたら編集しよう。

| ママ | テレビ | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:44 | - | - |









http://neriwasabi.jugem.cc/trackback/314
 Amazon.co.jpアソシエイト
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ NEW ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE